【本の中身を特別にチラ見せ】頼藤太希さん監修「月5000円からはじめる 最新!ほったらかし投資」/初心者向けおすすめ本

【本の中身を特別にチラ見せ】頼藤太希さん監修「月5000円からはじめる 最新!ほったらかし投資」/初心者向けおすすめ本

  • 最終更新日:2020.02.26
  • 公開日:2020.02.12

3ステップでできる「ほったらかし投資」

ほったらかし投資は、数十年の長期間にわたって、積立で少しずつ「投資信託」を買う投資法です。私が推奨する「ほったらかし投資」は、忙しくてもズボラでも続けられる投資でありながら、実は「長期」「積立」「分散」投資という、投資の王道をしっかりと押さえた本格的なやり方です。

「投資法」などというとちょっと難しそうですが、そんなことはありません。

①ルールを知る

②商品を選ぶ

③金融機関を選んで購入手続き(購入頻度・購入金額)をする

という3ステップで、誰でも簡単にスタートできます。しかも、毎月いくら、どの商品を買うかといった簡単な初期設定をしておけば、あとは基本的にほったらかしでOK。

「ほったらかし投資」のメリットをちょっとだけ紹介

ほったらかし投資には10のメリットがあります。詳しくは私が監修したムック「月5000円からはじめる 最新!ほったらかし投資」(宝島社)で解説していますが、ここではそんな中から、メリットを5つだけご紹介しますね。

ほったらかし投資のメリット①:
日本経済、世界経済の成長と連動してお金が勝手に増えていく

日本経済、世界経済の成長と連動してお金が勝手に増えていく

人間の経済活動が続く限り、世界はだんだん豊かになると私は思います。言い換えれば、そんな世界に投資をすれば、日本経済や世界経済の成長と連動しながらお金を増やせるだろう、というわけです。

右肩上がりに経済が成長するのであれば、例えば10年後に受け取るお金を増やすには、来年始めるよりも、今始めるほうが投資年数が長いためお金を多く増やすことができます。ほったらかし投資は、時間を味方につけることが成功のポイントだからです。

ほったらかし投資のメリット②:
投資信託の複利効果を生かせば年4~8%も狙える

投資信託の複利効果を生かせば年4~8%も狙える

時間を味方につけると、複利の力を利用できます。複利は、利益が発生したお金を追加投資することで、その追加投資したお金がさらに利益を生むという考え方です。つまり、長く続けるほど追加投資できるお金は増えることになります。

ほったらかし投資では、投資信託の値下がりリスクを抑えつつ、複利の力を活用します。今回はやや積極的に、年4~8%の利益を狙う方法を考えました。

複利には、とてもパワーがあります。ですから、その力はできるだけ早く、長く受け取るべきです。

ほったらかし投資のメリット③:
買うタイミングなんて関係なし!投資の敵「感情」を排してできる

投資信託の複利効果を生かせば年4~8%も狙える

毎日働いている方、家事・育児に追われる方など、忙しい方はたくさんいることでしょう。投資情報を収集したり、「もっと安く買えるかもしれない」「もっと高く売れるかもしれない」と投資でタイミングを計っている間にどんどん時間は過ぎていきます。ほったらかし投資なら、いつ買っても大きな差はなく、投資がスタートしたら、あとは淡々と購入していくだけ。

ほったらかし投資なら、一度設定をすればそうした感情を挟まずに淡々と続けられます。

ほったらかし投資のメリット④:
ほったらかしで少しずつ買うと値下がりすら味方にできる!

ほったらかしで少しずつ買うと値下がりすら味方にできる!

投資信託のように、上下に値動きのあるものを一定額ずつ買うようにすると、その投資信託が安いときにはたくさん買い、高いときには少ししか買わなくなります。つまり、平均の購入金額が少しずつ下がっていくことになります。

平均購入価格が下がっていけば、少しでも値上がりしたときに利益を出しやすくなります。

ほったらかし投資のメリット⑤:
iDeCo・つみたてNISA……おトクな制度と相性がいい

ほったらかしで少しずつ買うと値下がりすら味方にできる!

ほったらかし投資と相性のいい制度に、「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」「つみたてNISA(積立NISA・少額投資非課税制度)」があります。

普通、投資の利益には約20%の税金がかかります。しかし、これらの制度で投資信託を買うと、利益に税金がかからなくなります。さらに、iDeCoでは、掛け金の全額が所得控除になるので、所得税・住民税を安くすることができます。

「月5000円からはじめる 最新!ほったらかし投資」では、約6000本ある投資信託の中から厳選した投資信託18本や、ポートフォリオ例も紹介しています。

「自分流ほったらかし投資」ができるようになる一冊に仕上がっていますので、ぜひチェックしてみてください。

ほったらかし投資で大切なのは、時間を味方につけること。今からスタートしてお金を育てていけば、やがて大きな実りがあるでしょう。

実際のところ、「月5000円からはじめる 最新!ほったらかし投資」にはどんな内容が掲載されているのか。「ほったらかし投資」が気になる方に朗報です。本誌の中身を特別にチラ見せします! 以下のリンクをクリックしてご覧ください。

「月5000円からはじめる 最新!ほったらかし投資」監修者について

頼藤太希

頼藤太希(よりふじ・たいき)さん

マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業、代表取締役に就任し現職。マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』 (日本実業出版社)、『人気FPが教える! 稼げるスマホ株投資』(スタンダーズ)ほか著作・共著・監修書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

著者

頼藤 太希 マネーコンサルタント
頼藤 太希
2015年にMoney&Youを創業、代表取締役に就任し現職。マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。著書に「投資信託 勝ちたいならこの7本!」(河出書房新社)などがある。

どこで口座開設したらよいの?

投資信託を購入する際、忘れてはならないのは非課税制度「つみたてNISA」を利用する事です。 中立的な、つみたてNISA専門サイト「つみたてNISAナビ」で圧倒的に口座開設されている上位2社と、注目の金融機関をご紹介します。
集計期間:2020年04月01日〜2020年04月30日

  1. 1

    SBI証券

    SBI証券の特徴は?
    • 業界最多の取扱銘柄数
    • Tポイントが貯まる!使える!
    • 投資アプリで簡単投資!
  2. 2

    楽天証券

    楽天証券の特徴は?
    • 取扱銘柄数が150本以上と豊富なラインナップ!
    • 楽天スーパーポイントが貯まる
    • 100円から投資信託がができる
  3. 注目 の証券会社

    auカブコム証券

    auカブコム証券の特徴は?
    • 銘柄数150本以上、全て100円から購入可能!
    • 他のお取引手数料が優遇される「NISA割」特典
    • 郵送不要「オンラインで完結」
この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (4)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

参考サイト
もっと情報をキャッチ!