【1】ほったらかし投資でできる王道の投資/投資の王道は「長期」「積立」「分散」投資

【1】ほったらかし投資でできる王道の投資/投資の王道は「長期」「積立」「分散」投資

  • 公開日:2020.02.12

Part1 ほったらかし投資の「はじめ方」

ほったらかし投資でできる王道の投資
投資の王道は「長期」「積立」「分散」投資

じっくりコツコツ 堅実にお金が増やせる!

住宅の購入、子どもの教育費、老後資金など、人生は何かとお金がかかるものです。お金を貯めたい理由も人それぞれでしょう。

しかし低金利の今、預貯金ではほとんどお金は増えません。給料も増えませんし、将来もらえる年金も少なくなるかもしれません。

ですから、これから資産を作るうえで、お金を増やすことのできる投資は不可欠なのです。

とはいえ、投資はお金が増える可能性がある一方で、減ることもあります。そんななかで、できるだけ損を小さくしてお金を増やすには、投資のプロも勧める王道的な手法があります。

それは、「長期」「積立」「分散」投資を行うことです。

「長期」は、長い時間をかけて投資を行うこと。短期間の投資はどうしてもリスクが大きくなる傾向があります。しかし、数十年という長い期間で投資すれば、リスクを減らし、世界経済の成長とともに利益を得ることが期待できます。

長く投資するほど損する可能性が減る!

投資の世界のリスクとは「利益(リターン)のブレ幅」のこと。金融庁によると、5年の運用ではリスクが大きく損失もあるが、20年の運用ではリスクが小さくなり損失がなくなっている。

資産・地域を分散して積立投資を行った場合の運用成果の実績

「積立」は、毎月一定の金額ずつ投資することです。1回ずつのお金は少額でも、毎月続けていくことでやがてはまとまったお金になります。また、株価や為替相場の変化に左右されずに運用を続けられるところもいいところ。相場に一喜一憂せず、淡々と続けることが成功の秘訣なのです。

積立投資で値動きに惑わされない

将来、どんな値動きをするかは誰にもわからない。一括投資では値動きに惑わされることに。積立投資なら値動きを気にせず買うだけなのに、平均購入価格が下がる。

積立投資のイメージ
一括投資のイメージ

「分散」は、投資先をさまざまなものに分けること。こうすることで、どれかが損失を出しても、ほかのどれかが損失をカバーしたり、利益を出したりして、トータルでお金を増やすことを目指せます

分散投資は値動きのリスクを小さくする

分散投資のイメージ

資産①と資産②は違う値動きをする資産。単独では利益が出たり損失が出たりとリスクが大きいが、両方を組み合わせると片方の値下がりをもう片方がカバーし、堅実に増やしやすいと考えられる。

投資は「ギャンブル」ではありません。やり方次第で資産を増やす強い味方になってくれます

積立・分散投資でお金は堅実に増える!

20年間定期預金に積み立てた場合、お金は減らないが増えることもほとんどない。投資をすれば、減る局面はあるものの、20年後には堅実に増えている。このデータでは、分散先が多いほうが利益も大きくなっている。

積立・分散投資の効果(実績)

著者

頼藤 太希 マネーコンサルタント
頼藤 太希
慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業、代表取締役に就任し現職。マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。
この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (0)
  • 難しかった (0)

参考サイトでもっと情報をキャッチ!