「人生100年時代」、老後2000万円不足――?その意味と対策とは
FPがいま改めて深掘りする「老後2000万円問題」

「人生100年時代」、老後2000万円不足――?その意味と対策とは

  • 公開日:2020.04.08

Editor's Eye

●そもそも「2000万円」はどこから出てきたのか
●老後の「収入と支出」を見極め、不足額の計算を
●老後のお金を「見える化」して、ハッピーな老後を迎えよう

2019年6月、金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書が発端となり、今や誰もが知るフレーズとなった「老後2000万円問題」。当時は麻生金融担当相が報告書の受け取りを拒否するほどの事態にまで発展した問題だが、結果として、これまでにないほど多くの人が資産形成への第一歩を踏み出す契機にもなった。
未曽有の規模の感染症拡大によりさまざまな常識が覆されていく中でも、人生に深く関わり、数十年単位で向き合わなければならない「老後2000万円問題」をどう捉えるべきか。人々のお金の悩みに日々向き合うFPに意見を求めてみた。

***

「人生100年時代」と言われる昨今ですが、金融庁が出した「老後に2000万円お金が足りなくなる」というショッキングな内容の報告書が話題となりました。2000万円という数字はどこから出てきたのか、本当に不足するとしたらどう対策すればよいかを考えてみたいと思います。

問題となった「2000万円」ですが、出所を辿っていくと2017年の総務省「家計調査」に行き着きます。この調査結果によると夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦二人の無職世帯で、1ヶ月当たりの平均収入額は209,198円、これに対して平均支出額は263,718円となっています。1ヶ月あたりの赤字額は54,520円ですね。

報告書には60歳の人の25%は95歳まで生きるという調査結果も掲載されており、65歳以降95歳までの30年間を老後期間とすると、54,520円×12ヶ月×30年=1,962万7,200円≒2000万円が赤字になる、となります。

では、「2000万円あれば大丈夫」「2000万円なければダメ」なのでしょうか。この数字は平均からざっくりとした計算で導かれていますが、私たちの生活はひとりひとり千差万別。平均にピッタリ当てはまる人ばかりではありません。重要なのは「ウチではどうなの?」ということになってきます。

1 2 3

著者

綱川 揚佐 特定社会保険労務士
綱川 揚佐
金融機関在籍中に1級ファイナンシャル・プランニング技能士資格を取得、その後建設会社等の勤務を経て、社会保険労務士資格を取得。現在は社会保険労務士事務所を経営し、個人向けに年金に関するセミナーや年金相談を行うかたわら、法人向けの労務管理や労働・社会保険に関する手続き、相談業務も行っている。
この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (0)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

関連コラムRelated

参考サイト
もっと情報をキャッチ!