「資産が1億円あっても、老後が不安」?! IFAはこう答えた【前編】
“お金のかかりつけ医” IFAのアドバイス事例

「資産が1億円あっても、老後が不安」?! IFAはこう答えた【前編】

  • 公開日:2020.04.20

Editor's Eye

●「長期的に頼れる、若手アドバイザーに相談したい」
●年60万円の固定費負担から解放された!そのテクニックとは
●積み立てを併用し“上がっても下がってもうれしい運用”を実現

資産運用、自己流でやってきたけど、今のままでいいのかな? 相続のこと、なんとなく不安だけど、誰に聞けばいいのか……。そんな悩みに中立的な立場から答えてくれるのがIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)です。他の金融機関と比べて、長期的な視線でさまざまな資産の相談に応じると言われているIFAですが、彼らは相談者に対し、実際にどんなアドバイスをしているのでしょうか。印象深かった相談内容をIFAに振り返って語ってもらう当シリーズ連載。第1回では、「お客さまの資産を、自分や自分の家族の資産のように考えてアドバイスする」をモットーに掲げるバリューアドバイザーズでIFAとして活躍する田中久登さんにお聞きました。

今回は、当社の資産運用セミナー参加をきっかけに、相談にいらした山本純子さん(63、仮名)の例をご紹介しましょう。

 

相談者:

 山本 純子さん(63) フリーランスのデザイナー

ご家族:

 夫  真一さん(67) 年金生活者

 長男 拓也さん(35) 会社員

 長女 優美さん(33) 海外在住

(いずれも仮名)

山本さんは資産運用に興味をお持ちで、当社のようなIFAが講師を務める楽天証券協賛のセミナーに積極的に参加されていました。複数のIFAに出会う中で、20代から70代まで幅広い年代層のアドバイザーがそろう当社に興味を持たれ、長期的視野を持つ若手アドバイザーに相談に乗ってほしい、と希望されました。

山本さんご夫妻は、不動産も含めると1億円以上の金融資産をお持ちです。ただ、収入や資産の多い人は生活費など出ていくお金も多い傾向にあるので、金融資産が潤沢なら老後も安心、とは必ずしも言えません。山本さんも一見すると「老後2000万円問題」とは無縁の存在に見えますが、ご自身でも生活レベルが高めであることは自覚していて、「今の生活を続けていて大丈夫だろうか」と不安を抱えていました。

当社では、相談にいらしたお客さまには、最初に「問診票」の記入をお願いしています。相談でどんなことを聞きたいか、投資の経験、資産形成の目標、将来の夢、現在の生活費や積立額、収入と収入源、金融資産、家族構成などの項目があります。

ただ、相談の前にすべての項目を埋められる方はほとんどいません。いきなり「将来の夢」と言われても困ってしまう方がほとんどですし、資産形成の目標についても多くの方は具体的なプランなど持っていません。また、収入や金融資産といったプライベートな情報を最初からすべて明かすのは抵抗を感じる人もいるでしょう。

無理に埋める必要はなく、書きやすい情報だけ記入してもらい、お話をしながらお客さまが抱える課題や思い描く理想を掘り起こし、「見える化」していきます。IFAは資産運用のアドバイザーですが、単純にいつまでにいくら必要かを計算するというよりも、将来の夢――お客さまが「ありたい姿」は何なのかを明確にして、そのために必要な金額を目指して運用方針を決めていきます。

山本さんの希望は、「この先も今の豊かな生活を続けていきたい」ということでした。

相談に来る前から、もっと金融商品の割合を高めて資産を殖やす必要は感じており、すでに大手証券で社債を購入したり、IPO銘柄に投資したりしていましたが、保有資産規模の割にその額は少額です。証券会社の担当者は売りたい商品の情報を持ってくるだけで、それが自分に合った金融商品かどうかを判断できず、迷っていたのです。

1 2 3

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (51)
  • 難しかった (5)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

田中 久登 バリューアドバイザーズ 執行役員
田中 久登
大学卒業後、岡三証券に入社。富裕層向けの資産コンサルタントに従事。海外研修を経てIFAへの転身を決意し、現代表の五十嵐と株式会社バリューアドバイザーズ設立に参画。医師、地権者、士業、学生、保険募集人など専門分野向けの資産運用セミナーを得意とし、年間30回程の講演を毎年開催。青年会議所や相続診断士会などの役員に従事し、多方面の人脈形成によりバリューアドバイザーズとしてお客さまフォローを充実させることを理念に、日々活動の幅を広げている。

関連コラムRelated

参考サイト
もっと情報をキャッチ!