日本人のお金に関する3つの“もったいない”こと

  • 公開日:2020.05.12

2つ目の“もったいない”は、国民皆保険、国民皆年金の日本において、民間の生命保険で保障を購入しすぎていることである。令和元年度「生活保障に関する調査」(生命保険文化センター)によると、生命保険加入率は82.1%となっている。また、「生命保険の動向」(2019年 生命保険協会)によると、支払っている生命保険料総額は33兆9159億円(平成30年度)となり、同年のGDP548兆円に対して約6.2%を生命保険料として支払っていることになり、一人あたりでは年間約26.6万円の生命保険料になる。

一方、グローバルで比較すると、日本の生命保険料(米ドル換算)は2018年の推定で334,243(百万米ドル)、世界全体の生命保険料の11.85%を占めている。2015年における日本の人口が世界の約1.7%であることを考慮すると、11.85%というのは少し払い過ぎだと感じるのは筆者だけだろうか。

このような状況の最大の原因は、社会保障(特に社会保険)の給付について理解されていないことだと考えている。老齢年金に始まり、遺族年金、障害年金、高額療養費制度、傷病手当金などの給付について理解しているどころか、存在を知っている人ですらかなり限定的という印象がある。また、日本では他国と比べて社会保険が充実していることに加えて、大企業などでは福利厚生も充実している。死亡退職金、死亡弔慰金、遺児育英年金、健保組合からの各種付加給付など、現在でも一部の大企業ではこのような手厚い保障が見られる。しかし、FPとして家計相談を受けていても、こういった福利厚生を理解している会社員の方は少数派で、多くの方は存在すら認識していないようである(ちなみに、筆者自身も前職の会社員時代はそうだった)。

さらに、ご相談を受けていて感じるのが、福利厚生の手厚い大企業にお勤めの方ほど民間の生命保険に加入しており、むしろ本来は加入の必要性が高いと思われる個人事業主・フリーランスの方が生命保険にあまり加入されていないということである。こういった現状を改善するために効果的なのは、学校教育において社会保険の内容を丁寧に伝えていくことではないだろうか。国民皆保険、国民皆年金であるからには全国民が理解しておくべきだろう。もちろんFP相談の現場や、各種メディアなどを通じて適切な情報を継続的に発信していく取り組みも重要だと考えている。

1 2 3

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (2)
  • 難しかった (1)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

横田 健一 ファイナンシャルプランナー
横田 健一
ウェルスペント代表取締役。CFP認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社にてデリバティブ商品の開発やトレーディング、フィンテックの企画・調査などを経験後、2018年1月に独立。「フツーの人にフツーの資産形成を!」というコンセプトで情報サイト「資産形成ハンドブック」を運営。家計相談やライフプラン・シミュレーションの提供を行い、個人の資産形成をサポートしている。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院修士課程修了。マンチェスター・ビジネススクール経営学修士(MBA)。

参考サイト
もっと情報をキャッチ!

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口