「コロナ後の資産運用」に注目浴びるエッジの利いた分散投資ファンド

  • 公開日:2020.08.06

三井住友DSアセットマネジメント

ファンドの特徴

・AIの進化・応用による成長が期待される企業に投資
・上位銘柄には情報系企業に限らず、自動車・航空会社なども含まれる

「AIは今後の技術革新にとって大変重要なものだと思うし、コロナ禍でそれを実感している人も多いだろう。コロナ以前も以後も、注目度の高いテーマであることは間違いないと思う」(30代・銀行)
「最近身近になったテレワークなど、なじみのある要素が関連しているテーマであれば興味を持つのではないだろうか」(20代・銀行)
「AIの進化というストーリーは誰にでもスムーズに受け入れられ、大変説明しやすい。中長期的な運用で利益が比較的安定的に期待できる点が良いと思う」(40代・銀行)

先端技術の中でもAI(人工知能)にフォーカスし、人工知能の進化・応用による成長が期待できる銘柄に投資するファンド。注目の理由には、コロナ禍によるAIの重要性の認知拡大のほか、コロナ禍前からの人気やパフォーマンスを挙げるコメントも目立った。

アセットマネジメントOne

ファンドの特徴
・変動幅を抑え「大きく負けない」ことを目指すファンド
・国内外の株式、公社債、REITの配分比率を機動的に変更
・3月末時点のリターンは年率4.25%、リスクは年率2.37%

「負けにくい、というキーワードはこの時代に受け入れられやすい。裏付けの理論もしっかりしているので説得力がある」(40代・銀行)
「リスクをしっかりコントロールしながら運用している点に魅力を感じた。長期保有を希望される方におすすめできると思う。外国株式投信のみのお客さまなどは特におすすめしたい」(20代・銀行)
「コロナショック時のパフォーマンスが素晴らしかった。お客さまにも喜んでいただけた(30代・銀行)

投資先資産の配分比率を状況に応じて変更することで値動き幅を抑え、「大きく負けない」ことを目指すファンド。以前から堅調なパフォーマンスを見せていたが、コロナショックの際、下落率を抑えた実績と、その後の回復にも乗り遅れずに追従する値動きに、多くの評価が集まった。

日興アセットマネジメント

ファンドの特徴

・先物取引を積極的に活用し、投資額の5.5倍相当額の投資を行う
・海外株式、REIT、債券、金の4資産に投資、機械的に投資割合を変更
・「株式・REIT」と「債券・金」リスクの大きさが概ね同等となるよう投資

「今までの分散投資のカテゴリーと違った資産で運用されている点。バランス型ではあるが攻める投資信託と感じたため」(50代・銀行)
「バランスファンドで金にも投資するものはなかなかないので魅力的。ただし、レバレッジをかけることもあり価格変動のリスクはある程度あるので、リスク許容度の確認が大事になると考える」(30代・銀行)
「足下はコロナショックによって世界経済が収縮しているが、中長期に見れば世界経済は拡大することが必然なので」(50代・銀行)

新型コロナウイルスの影響が依然収まる様子がない状況にもかかわらず、投資金額の5.5倍相当額に投資する攻めの姿勢が色濃く出るファンドが1位となった。この背景には、コロナショックによる下落からさほど間を置かずに回復局面が訪れたことがあるだろう。投資先資産として組み入れている金の価格上昇も手伝って足元のパフォーマンスも好調なファンドに、リスク許容度に注意を払いながら長期投資のツールとして勧めたい、といった意見が集まった。

コロナショックの最中に実施した前回のアンケート同様、「コロナ後」に期待を込めたテクノロジー系のファンドへの注目が引き続いた半面、1位・2位にはそれぞれ「大きく負けないことを目指す」、「投資金額の5.5倍相当額に投資をする」といった特徴を持つバランス型ファンドがランクインした。

テクノロジー関連は、短期的な上昇にとどまらず中長期的な成長を望めるテーマだという認識は広がりつつあるが、そうはいってもコロナショックをはじめ、急激な下落の影響はそれなりに受けてしまう。となれば、やはり複数資産を組み合わせたバランス型ファンドに関心が集まるのもうなずける話だ。

とはいえ、「投資のソムリエ」は変動幅を抑制し大きく負けないことを目指し、「グローバル5.5倍バランスファンド」は、レバレッジを活用し相対的に少ない投資資金で効率的に資産成長を目指すという、他のバランス型ファンドと差異化を図る方針を取っている。長期投資を実践するツールを探す金融マンには、顧客の心に響くようなエッジの利いたファンドが響くのかもしれない。それだけに万人受けするファンドとは言えないが、コロナショックの際に「負ける怖さ」を強く感じた人や、バランス型ファンドで “攻め”の投資を行うことに興味を惹かれる人は、こうした特色あるファンドに目を向けてみるのもいいだろう。

1 2

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (3)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

Finasee編集部
金融事情・現場に精通するスタッフ陣が、目に見えない「金融」を見える化し、わかりやすく伝える記事を発信します。

関連コラムRelated

参考サイト
もっと情報をキャッチ!

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口