9000万円の相続資産。自分でも気付かなかった「悩み」をクリアにした助言
“お金のかかりつけ医” IFAのアドバイス事例

9000万円の相続資産。自分でも気付かなかった「悩み」をクリアにした助言

  • 公開日:2020.11.12

Editor's Eye

銀行や証券会社等の金融機関と比べ、長期的な目線でさまざまな資産の相談に応じると言われているIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)ですが、彼らは相談者に対し実際にどんなアドバイスをしているのでしょうか。印象深かった相談内容をIFAに振り返ってもらうシリーズ連載第10回を担当するアドバイザーは、IFA法人バリューアドバイザーズで代表取締役を務める五十嵐修平さん。紹介をきっかけに相談に来た顧客で、特に困った様子はなかったのですが、話を聞いていくうちにある心配事が明らかになってきたといいます。

今回は愛知県にお住まいの専業主婦、沢田陽子さん(52)の例を紹介します。

相談者:
沢田 陽子さん(仮名、52) 専業主婦

ご家族:
夫  紀夫さん(仮名、52)
長女 果帆さん(仮名、26)
次女 史帆さん(仮名、23)

沢田さんは、5年ほど前に亡きお母様から約9000万円の資産を相続したのを機に、資産運用を始めました。地元の地銀で毎月分配型投信を、対面型証券でテーマ型投信と仕組債、さらにネット証券でも口座を開設し、ご自身で個別株を売買していました。

これらの運用では、利益が出ることもあれば損失が出ることもあり、結局トータルでは成果が上がっていませんでした。自分で手がけている個別株はともかく、金融機関のアドバイスで購入した商品の運用成果が低迷していることには納得がいかないようです。彼女の友人が私の顧客だったため、「五十嵐さんに相談してみたら?」と勧められ、紹介でいらっしゃいました。

初回の面談では、まずはご本人の希望と運用の目的を引き出すことに努めました。というのも、これまでの運用成果に対する不満はともかくとして、9000万円もの資産があるなら、あえてリスクを取った運用をしなくても、計画的に取り崩していけば多くの人が心配する老後資金としてはまったく問題ないからです。

始めのうちは、返ってくる答えも「なんとなく……」など、ご自身でも目的がよく分からない様子でしたが、詳しく聞いていくと2人の娘さんに資産を残したいという希望があることがわかりました。また、ご自身がお母様の資産を相続する際、取引金融機関が多過ぎて苦労した経験があることから、なるべく娘たちには同じような手間をかけさせないよう、資産の残し方もシンプルなかたちにしたいということでした。

2人の娘さんへの相続に関しては、沢田さん本人が亡くなってからではおそらく相続税の対象になりますし、そもそも沢田さんは50代ですから、相当先の話になります。そこで、元金を減らすことなく、投資信託の分配金を活用して少しずつ贈与していく形をご提案しました。

分配金とひと言で言っても、その原資が運用益なのか、元本を取り崩しているかによって大きく意味が違ってきます。すでにお持ちの毎月分配型ファンドは元本から配当を出している「タコ足分配」となっており、これでは保有するほど元本が減ってしまいます。分配金そのものは悪いものではありませんので、利益の範囲内で適正な分配を出す商品に乗り換える必要がありました。また、合わせて沢田さんが持っていたテーマ型投信は自動運転の関連銘柄に投資する商品で、価格変動の大きい商品です。そのため、こうした商品を手放し、より安定したポートフォリオを組むことにしました。

これらを売却して得た1000万円に、定期預金から3000万円をプラスした4000万円で、日本株、米国株、金、海外債券、REIT(不動産投資信託)の投資信託を購入しました。全部で年に100万円(税引き後)のリターンが期待できるポートフォリオです。

このポートフォリオから得られるであろう100万円の利益を、2人の娘さんに年50万円ずつ贈与していくことにしました。50万円であれば贈与税の対象にもならないので、効率的に資産を移転できます。ただ、毎年リターンが必ず100万円出るわけではなく、大きく上がる年もあれば下がる年もあるのが運用です。大きく上がった時は多めに利益を確保し、その分、下がった時は売却はなしにしましょう、とご案内しました。

次は沢田さんご自身の生活です。突然の相続で資産家になったものの、長く普通の専業主婦として堅実な生活をしてきたこともあって暮らしぶりは質素で、当面は生活費として資産を取り崩す必要はなさそうです。ただ、年に1回、友人と海外旅行に行くのが楽しみなので、その費用として20万円程度が必要だということでした。

そこで、この旅行費用についても元本を減らさずにインカム収入から捻出することにしました。そのための投資先として選んだのは、劣後債です。劣後債は社債の一種で、発行体の企業が破綻するなどした際に弁済を受けられる順位が低い代わりに、利回りが高く設定されています。破綻した際の優先順位が低いので債券としてはハイリスクハイリターンですが、一切の弁済を受けられない株式と比べるとローリスクです。このため、劣後債は債券と株式の中間的な位置付けであるとも言われます。

沢田さんの場合は、2つの劣後債を組み合わせて3%前後の利回りが狙える1000万円のポートフォリオを組みました。税引き後で年20万円程度の利金を得られるので、これを毎年の旅行費用に充てることにしました。

他社で保有している仕組債については、途中で売却すると大きな損失が出てしまうのと満期が近かったので、これだけはそのまま保有することとしました。

1 2

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (17)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

五十嵐 修平 バリューアドバイザーズ 代表取締役
五十嵐 修平
父親の影響で大学生の時に株式投資を始め、投資の無限の可能性を感じ証券会社に入社。 実務経験を積み、退職後、お客さまと金融機関の利益相反をなくし、 中立な立場でご提案をしたいとの想いから2013年2月にバリューアドバイザーズを設立。毎年海外視察に行く中で、マーケットの予想を繰り返すような日本の金融サービスとは異なり、 お客さまと目的・目標を共有しゴールに向かって運用する手法に感銘を受ける。そして、欧米の個人金融資産が大きく伸びている実績を目の当たりにし、 欧米式の資産運用手法を基に独自のコンサルティング手法を考案。IFAとして、お客さま目線で本当に価値あるご提案をお届けするために活動を行っている。

関連コラムRelated

参考サイト
もっと情報をキャッチ!