6000万円の投信が半分に目減り…70歳で着手した「取り戻し策」とは
“お金のかかりつけ医” IFAのアドバイス事例

6000万円の投信が半分に目減り…70歳で着手した「取り戻し策」とは

  • 公開日:2020.12.17

Editor's Eye

銀行や証券会社等の金融機関と比べ、長期的な目線でさまざまな資産の相談に応じると言われているIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)ですが、彼らは相談者に対し、実際にどんなアドバイスをしているのでしょうか。印象深かった相談内容をIFAに振り返ってもらうシリーズ連載第13回では、大手IFA法人、Fanの名古屋支店で活躍する室田健次さんに語っていただきます。証券会社で購入した投資信託で小さくない額の損失を抱え、投資に怖さを感じている一方、負けた分も取り戻したい……。相反する顧客の要望を、室田さんはどう受け止めたのでしょうか。

今回は、10年以上の投資経験があるにもかかわらず、ほとんど資産が増えていない状況だった伊藤伸也さん(仮名、70)の例をご紹介します。

相談者:
伊藤 伸也さん(70) 無職

ご家族:
妻  聡子さん(72)
長女 史子さん(42)
長男 敦 さん(40)

(いずれも仮名)

伊藤さんは既存のお客さまからの紹介で当社を知り、資産の運用・管理方法について相談の申し込みをされました。伊藤さんの一番の心配は「証券会社のお勧めで購入した投資信託で損をしている」こと。証券会社から定期的に送られてくるレポートを見て、資産が増えないどころか、元本が年々目減りしていく状況に頭を悩ませていたようです。

具体的な保有商品について聞くと、1つは新興国通貨建ての毎月分配型。そしてもう1つは、リオデジャネイロオリンピックの開催前に購入した、ブラジル株を対象とするテーマ型ファンドでした。

毎月分配型の投信に関しては、元本が目減りしており、なおかつ分配金の額も年々減少している状況。さらに価格変動が比較的激しいと言われる新興国の通貨建てということで、内容を理解できていない方が購入するには、あまりにもリスクが高い商品と言わざるを得ません。さらにもう1つのテーマ型投信は、2016年開催のリオデジャネイロオリンピックに関連した商品ということで、成長を期待できる時期はすでに過ぎています。こうしたテーマ型投信は短期・中期的な値上がりを期待できる一方、購入・売却の時期や商品の見極めが難しいことから、長期での保有にはあまりお勧めできません。

どちらの商品も、証券会社に言われるがまま購入したもの。相談時は3000万円分の投資信託を保有していましたが、聞くと投資資金は6000万円だったと言います。過去に分配金として受け取っている分はあるものの、投資信託の評価額は当初の半分になっていたわけです。

元本がどんどん目減りするもなかなか売却に踏み切ることができず、どうしたらいいのか分からなかったと話す伊藤さん。投資に対しては「もうこりごりだ」という印象も受けました。伊藤さんに限らず、証券会社にお勧めされるがまま商品を買ってしまった方には、投資自体を「悪」だと捉えてしまうケースも多いと感じています。

実は伊藤さんには相続した8000万円もの普通預金があり、老後のキャッシュフロー表を作成したところ、黒字の見通しでした。そのため、無理にお金を増やす必要はなく、「投資をしない」という選択もあり得ました。

私たちIFAの仕事は商品を売ることではなく、あくまでもお客さまが保有する資産の運用・管理方法のトータルコンサルティング。資産を増やすだけではなく、資産を「守る」方法もお客さまのニーズに応じて提案します。そのため「投資はもう絶対にしたくない」というお客さまに対して、無理に商品をお勧めするようなことはありません。

とはいえ、伊藤さんの話をよくよく聞いていくと、「これまで損失を出した分、どうしても取り返したい」という気持ちも強くお持ちのようでした。

ただ、早く取り返そうとなると、取るべきリスク量は大きくならざるを得ません。投資にネガティブな印象を抱いている伊藤さんには、ハイリスク・ハイリターンな投資は不向きです。そのため、価格変動の小さい債券を中心とし、一部で利益を追求できる商品も組み込む方法を提案しました。

まずは劣後債を4000万円分購入する代わりに、普通預金は5000万円へ、投資信託は2000万円への減らし、商品も現状の毎月分配型とテーマ型ファンドから乗り換えてもらいました。劣後債は社債の一種で、発行体の企業が破綻した際の弁済を受けられる優先順位が低い代わりに、利回りが高めに設定されています。債券の中では比較的ハイリスク・ハイリターンですが、一切弁済を受けられない株式と比べるとローリスクです。表面利率が6%のソフトバンクグループと、4%のアリアンツの劣後債を組み入れました。

投資信託については米国株とバランス型の商品をそれぞれ1000万円ずつ購入してもらいました。前者は「ナスダック100指数」への連動を目指す投資信託となります。「安定した運用の中でも利益を追求したい」という伊藤さんの意思を踏まえ、グロース株を中心にさらなる成長が期待できる銘柄で構成されたナスダックを選びました。

バランス型投信については、株と債券を組み入れ、安定的な運用を目指す「投資のソムリエ」を提案しました。下落時に債券や現金の保有率を上げることで価格変動を抑制するなど、相場環境によって機動的な運用を行うのが特徴で、今回のコロナショック時にもプラスのリターンを確保し、相場急落時の強さが評価された商品でもあります。米国株で利益を追求しながらバランス型ファンドで安定した運用を目指す、という方針にご納得いただきました。

今回、普通預金にはご提案後も5000万円とまとまった金額を残すことになりました。投資効率を考えれば、投資信託などの金融商品に資金をもう少し回したほうが合理的かもしれませんが、運用効率だけを重視するのではなく、お客さまの意向を汲みつつ、安心して資産形成を行える環境をつくるのもIFAの役割です。

投資効率だけを考えて投資をすると相場が急変したタイミングで感情的になり、運用をやめてしまう方も多くいらっしゃいます。投資目的や投資経験、価値観はお客さまそれぞれで異なります。資産運用は、長期的かつ大局的に捉えて続けていくことが大切であり、かつ、それが難しい点でもあるのです。そのため、投資効率だけでは説明がつかない「非合理的な投資行動」も踏まえて運用していく必要があります。

伊藤さんの場合、投資に積極的にお金を回したいというわけではなく、また結婚を控えた娘さんのために挙式や住宅購入の資金を工面してあげたいというご意向もありました。普通預金にとどめておく5000万円という金額は、これらを踏まえて決定していったものです。

お金に関する漠然とした不安を抱えている方はたくさんいらっしゃいますが、ご自身の資産状況や、「何が不安なのか」を把握できている方は意外と少ないものです。そのため面談では、まずお客さまの課題を見つけることから始めます。その後、キャッシュフロー表の作成などを通じ、どれだけの資産を投資に回し、また手元に残しておくべきなのかといった具体的な数字をお見せすることで、不安が「見える化」され、それが解消に向けた具体的なアクションに結びついてきます。

伊藤さんも、半年に一度行う定期面談で「最低限必要なお金は確保できているので、株価の変動を見ても一喜一憂するストレスがなくなった」と話してくださいました。お金のストレスを取り除く手段として、私たちIFAへの相談が一つの選択肢になればいいと考えています。

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (4)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

室田 健次 Fan IFA
室田 健次
大学卒業後、東証一部上場の証券会社へ入社。社長賞・優秀賞など10期連続で受賞。これまで富裕層を中心に1000名以上の顧客へ資産運用コンサルティングを経験。2019年に退職し、顧客ファーストでアドバイスを行えるIFAに転身。名古屋に支店を新規開設し、東海地方を中心に活動中。

関連コラムRelated

参考サイト
もっと情報をキャッチ!

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口