ツウの投資家なら知っている!? 「成長株投資の祖」が設立した運用会社
知られざる世界の運用会社の実像に迫る 1

投資のツウは知っている!? 「成長株投資の祖」が創業、ティー・ロウ・プライス

  • 公開日:2021.05.26

Editor's Eye

銀行や証券会社をはじめ、金融業界にはさまざまな業種が存在するものの、投資信託などの運用を行う資産運用会社は、一般的には馴染みが薄いと言ってもいいでしょう。しかも外資系の企業も多いため、日本ではあまり耳慣れない企業名だったりもしますが、実は世界的によく知られた巨大企業である場合も少なくありません。そこで、そうした知られざるグローバルな資産運用会社の実像に、ファイナンシャルプランナーの松岡賢治氏が迫るシリーズ企画をスタート。第1回は世界でも有数の米国の資産運用会社、ティー・ロウ・プライスを取り上げます。

投資信託などの運用を行う資産運用会社は、現在、国内に300社以上存在する。証券会社や銀行、保険会社といった大手金融機関の関連会社が多く、外資系や独立系などが続く。国内の運用会社は、まず証券会社の子会社として設立されたという経緯があるからだ。

こうした状況は、日本でこそ当たり前ではあるが、欧米の事情は少々異なる。欧米の運用会社は歴史が古く、証券会社よりも先に存在していたところも多い。つまり、創立した時点から独立系なわけだ。そのため、欧米では広く知られていても、日本では金融業界以外ほぼ無名に近い、という運用会社は少なくない。

しかし、歴史のある海外の運用会社には長年にわたる資産運用で培ったノウハウがあり、その理解を深めることで、個人投資家の選択肢は確実に広がるはずだ。そこで、そうした国内外での知名度に大きなギャップのある、運用会社を紹介していこう。

投資信託の評価機関であるモーニングスターは、優れた運用実績を残した投資信託を「ファンド オブ ザ イヤー」として毎年表彰している。2020年度は部門ごとに合計37本を選出したが、優秀ファンドに、ティー・ロウ・プライス・ジャパンが運用する「ティー・ロウ・プライス 世界厳選成長株式ファンドBコース(資産成長型・為替ヘッジなし)」と「ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド(愛称:アメリカン・ロイヤルロード)」が選ばれていた。この「ティー・ロウ・プライス」という名称に、あまり馴染みがないという個人投資家は多いかもしれない。

ティー・ロウ・プライス・ジャパンの母体であるティー・ロウ・プライス社は、1937年に米国で設立された独立系の資産運用会社。すでに80年以上の歴史があることになる。運用資産残高は、2021年3月末時点で約1兆5200億ドル(約168兆円)と世界トップクラスの規模。国内のETFを含む公募投資信託全体の残高が150兆円ほどであることを考えると、ティー・ロウ・プライスの残高の大きさが分かる。また、米国のナスダック市場に上場しており、主要な株式指数であるS&P500にも採用されている。

ティー・ロウ・プライスという社名は、創業者であるトーマス・ロウ・プライス Jr. (以下、T.R.プライスJr.)。が、会社設立時に自分の名前を冠したことによる。それ以来、社名は変わっていない。これは、会社の経営理念も変わっていないことを意味している。

トーマス・ロウ・プライス Jr.

T.R.プライス Jr.は、資産運用の世界では「成長株投資の祖」と呼ばれている。そもそも「成長株」とは会社の売上高や経常利益などの業績が良好で、株式市場での株価の評価も高く、さらに業績、株価ともに成長が見込める銘柄のこと。「グロース株」という言い方もよくされる。また、成長株とは対照的に使われる用語として「割安株」がある。業績や財務内容が良いにもかかわらず、株式市場での評価が低く、株価が割安に放置されている銘柄だ。「バリュー株」と呼ばれている。

1 2 3

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (13)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

松岡 賢治 マネーライター・ファイナンシャルプランナー
松岡 賢治
シンクタンク、証券会社のリサーチ部門に在籍し、国内マクロ経済と債券市場のマーケットアナリストとして従事。1996年に独立し、1997年ファイナンシャルプランナー資格を取得。以後、ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ビジネス誌や経済誌を中心に日本経済、資産運用、投資をテーマにした記事の執筆を開始。著書に『ロボアドバイザー投資1年目の教科書』『豊富な図解でよくわかる! キャッシュレス決済で絶対得する本 』。

関連コラムRelated

参考サイト
もっと情報をキャッチ!

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口