【本の中身を特別にチラ見せ】「マンガと図解 はじめての資産運用」/初心者向けおすすめ本

【本の中身を特別にチラ見せ】「マンガと図解 はじめての資産運用」/初心者向けおすすめ本

  • 公開日:2021.07.13

Editor's Eye

メディアでよく見かける「つみたてNISA」や「iDeCo」は、投資の際に活用できる税制優遇制度ということですっかり有名になりましたが、具体的に投資する先が「投資信託」だということをご存じの方は意外に少ないのかもしれません。頼藤太希氏と高山一恵氏による投資初心者向け書籍『お金がどんどん増える! あなたにぴったりの投資法が見つかる! マンガと図解 はじめての資産運用』から、この投資信託の選び方を説明するチャプターを抜粋してご紹介します。

インデックス型・バランス型の選び方

安定性を重視して、バランス型・インデックス型の投資信託を買いたいというときは、「純資産総額」と「運用成績」が堅調であるもの、「シャープレシオ」が高いもの、「信託報酬」と「トラッキングエラー(ベンチマークとの値動きの差)」が低いものを選びましょう。

バランス型・インデックス型を選ぶポイント

安定した値動きをしているかが重要なため、純資産総額が増えていることを確認しましょう。

純資産総額が少ないと運用成績に影響があったり、早期償還になったりするため、50億円以上あるものを選ぶことをおすすめします。そのうえで信託報酬が低いところを選びましょう。eMAXIS Slimシリーズなど、純資産総額が一定金額を超えると、信託報酬が引き下がっていくことを目論見書で明記している投資信託もあります。

純資産総額の目安

インデックス型は指標が同じであれば、どれも似たような値動きをします。利益の差を生むのは信託報酬といった、運用コストの差です。

日本で有名な指標と言えば、日経225、TOPIXが挙げられます。海外の指標でいうと、S&P500や MSCIコクサイ・インデックスが有名です。

インデックス型では、信託報酬が安い「eMAXIS Slim」シリーズがおすすめです。国内株式に投資したい場合は「eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)」、外国株式に投資したい場合は「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」があります。前者はTOPIX、後者はMSCIコクサイ・インデックスが対象インデックスです。

それ以外では、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」があります。世界中の大中小型株約9000銘柄の動きを元にしているため、世界経済の成長の力を借りながら増やすことができます。

おすすめインデックス型一覧

また、バランス型では「ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」がおすすめです。安定した運用が特徴で、できるだけ損失を抑えたいという人向けのファンドになります。

いかがでしたか? よく目にする「インデックス型ファンド」や「バランス型ファンド」の概要や選び方のポイントがよく分かりますね。『お金がどんどん増える! あなたにぴったりの投資法が見つかる! マンガと図解 はじめての資産運用』は、投資を始めようと考えているあなたにおすすめの一冊です。

この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (4)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

あわせて読みたいRecommend

著者

頼藤 太希 マネーコンサルタント
頼藤 太希
中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年にMoney&Youを創業、代表取締役に就任し現職。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。著書は『はじめての資産運用』(宝島社)、『1日5分で、お金持ち』(クロスメディア・パブリッシング)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。
ESG投資に関する疑問を解決します
iDeCo(イデコ)との上手で賢い付き合い方
ESG投資に関する疑問を解決します
iDeCo(イデコ)との上手で賢い付き合い方

参考サイト
もっと情報をキャッチ!

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口

あなたに最適なIFA(資産アドバイザー)を見つけるならFinasee(フィナシー)× 資産運用の無料相談窓口