iDeCo(イデコ)をもっと知りたい!

イデコ(iDeCo)とは、自ら積み立てたお金で金融商品に投資して運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取れる年金制度です。イデコの最大の魅力は、積み立てた全額が所得控除され、所得税・住民税が節税されること。「老後資金作りの切り札」として注目を集めています。

「イデコに興味がある」「これからイデコを始めたい」という方に向けて、イデコの特徴やメリット・デメリットから、金融機関や運用商品の選び方などイデコの始め方まで、押さえておきたい注目ポイントをわかりやすく解説します。

このカテゴリーを教えてくれる先生

イデコ(iDeCo)のメリット・デメリットを学ぶ

イデコ(iDeCo)に興味がある方は、ここで「イデコの特徴やメリット・デメリット」を押さえておきましょう。預金とイデコは何が違う?イデコでいくら節税できる?積立額はいくら必要?など、初心者が知っておきたい基本知識をわかりやすく解説します。

イデコ(iDeCo)の始め方を学ぶ

イデコ(iDeCo)の魅力が理解できたら、早速イデコを始めましょう!イデコの金融機関や運用商品の選び方から、編集部が注目する金融機関のおすすめポイントまで、「イデコの始め方」にまつわる重要なことについてわかりやすく解説します。

どこで口座開設したらよいの?

イデコの口座は一人一口座しか持てないため口座選びは重要ですが、多くの金融機関で取り扱っている中からどこを選べばよいか迷いますよね。 そこで、分かりやすい基準として、イデコ専門サイトNo1の「イデコナビ」で資料請求数が多い金融機関ランキングをご紹介します。
集計期間:2020年04月01日〜2020年04月30日

  1. 1

    SBI証券

    SBI証券の特徴は?
    • 3カ月連続資料請求数No1
    • 口座管理手数料が、だれでも最安
    • 豊富な2つの商品ラインナップ
  2. 2

    楽天証券

    楽天証券の特徴は?
    • 3カ月連続資料請求数No2
    • 口座管理手数料が、だれでも最安
    • 電話で平日夜間や土日に相談受付
  3. 3

    イオン銀行

    イオン銀行の特徴は?
    • イオンの店舗で、365日無料相談
    • 口座管理手数料が、だれでも最安
    • 預金金利のアップや複数回振り込み手数料無料などの各種特典

参考サイトでもっと情報をキャッチ!