【2020年】マネックス証券のイデコ(iDeCo)ポイント・評判は?

  • 最終更新日:2020.02.14
  • 公開日:2019.11.25

今回教えてくれる先生

小沢 美奈子 ファイナンシャルプランナー
小沢 美奈子
K&Bプランニング代表。大学卒業後、損害保険会社や独立系FP事務所等を経て独立。記事の執筆、セミナー講師、家計相談を行う。趣味はカメラ。

まなぶくんまなぶ
くん
イデコ(iDeCo)って、金融機関選びもそうだけど、実際の商品の選び方もどうしたらいいのかわからないよねー

先生小沢先生それなら、マネックス証券のような、商品を提案してくれるサービスのあるところを選んだらどう?

まなぶくんまなぶ
くん
なに、その商品を提案してくれるサービスって?

先生小沢先生マネックス証券のイデコには、ロボアドバイザーが自分に合った商品プランを提案してくれる便利なサービスがあるの。これから説明するから聞いてね

長期運用するイデコ(iDeCo)では、毎月のコストを低く抑えることが、重要なポイントとなります。マネックス証券のイデコは、加入手数料が業界最安額の2829円。さらに、口座管理手数料もとってもお得で、毎月169円と、こちらも業界最安額です。

中には資産残高や掛け金の額などの条件をクリアすることで、口座管理手数料を最安にしてくれる金融機関もありますが、マネックス証券のイデコの場合、無条件でだれでも最も安い額にしてくれます。

はじめてのイデコでは、書類の手続きや商品の選び方、加入後の商品変更の仕方など、わからないことばかり。そんなときに頼りになるのが、電話によるサポートです。

マネックス証券では、イデコ専用のコールセンターが平日は9時から20時まで、さらに土曜も9時から17時までつながるので、平日忙しい人にはとても助かります。

「せっかくイデコを始めたものの、商品の選び方がわからない!」という人は、意外に多いかもしれませんね。

でもそんなときは、マネックス証券のイデコ専用のロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」があれば大丈夫。5つの質問に答えるだけで、どの商品にどれくらい投資したらいいのかを具体的に提案してくれるのですから。

また、積立投資を始めたい人の中には、イデコとつみたてNISAを、どちらにしようか迷っている人もいると思います。そんなときはマネックス証券の「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」を使えば、悩みを解決できるでしょう。どちらの制度が自分の投資目的に適しているのかをアドバイスしてくれる、便利な機能もついています。

どちらの機能も積立投資の強い味方になってくること、間違いありません。

では実際のところ、マネックスの証券の評判ってどうなのでしょう? 利用者のリアルな声を聞いてみました。

まずはネットリサーチによるアンケート調査結果を見てみましょう。

「対応が遅いときもあったが、満足はしている」(20代男性)

「どちらとも言えない」(50代男性)

  • ※当社にてネットリサーチを用い、無作為に全国1000人を対象に調査(2019年6月)

もう少し具体的な利用者からの声を、私が独自に取材した内容からご紹介します。

「手数料の低い手堅いものの中から商品が選べる」(30代女性)

「ポートフォリオ診断などで運用のシミュレーションできるのが面白い」(40代女性)

「手数料が安くて良い」(40代男性)

「手数料の安さ」や「ポートフォリオ診断」について評価する声が多いようですね。

では、マネックス証券のイデコ(iDeCo)にはどんな積立商品があるのでしょうか。まとめてみましたので、一緒に見ていきましょう。

元本確保型商品

投資信託

  • ※純資産総額、信託報酬は2020年1月31日時点の数値。

マネックス証券のイデコ商品は、元本確保型(定期預金)が1本と、投資信託が24本で構成されています。

私が調べた印象では、低コスト商品の数の多さに関しては、他社より一歩リードしているように感じました。

信託報酬が最安水準である年率0.1%台(税込、以下同)の投資信託が8本、さらに、0.2%台の投資信託も7本あり、全投資信託25本中15本が0.2%台もしくはそれ以下で占められており、低コスト商品の割合は高いと言えます。

また、マネックス証券のイデコでは、インデックスファンドが16本と、多いことも魅力的です。インデックスファンドは、日経平均株価やNYダウといった特定の指標(インデックス)と同様の値動きするよう運用されるファンドのこと。ですからファンドの値動きがわかりやすく、かかるコストも安いので、初心者向きのファンドと言えます。

イデコは、長期でコツコツ積み立てていく老後資金作りをサポートする制度。だからこそ安定的に増やしていける運用を行うための商品選びが、大切なポイントとなります。そのためには、低コストの投資信託かつインデックスファンドを選ぶことが大きな条件。マネックス証券のイデコ商品は、初心者向きの品ぞろえであると言えるでしょう。

それではマネックス証券のイデコ(iDeCo)の積立商品の中からどれを選んで運用すればいいの? 以下にご説明する「3つの基準」をもとに、私のほうでおすすめ商品を3本ピックアップしました。

  1. 「積み立てた資産は減らしたくない!損したくない!」
    そんなあなたは「定期預金」一択で!
  2. 「資産は増やしたいけどコストをかけたくない!」
    そんなあなたは「インデックスファンド」一択で!
  3. 「資産は増やしたいけどめんどくさいのはイヤ!」
    そんなあなたは「バランス型ファンド」一択で!

↓この「3つの基準」について詳しくは、こちらの記事をクリックしてご覧ください。

ではでは、ここからは具体的におすすめ商品の特徴・魅力を見ていきましょう。

おすすめ

「とにかく元本割れを防ぎたい」という方は、みずほDC定期預金(1年)から始めてみるとよいでしょう。

超低金利が続く中では、定期預金だと資産を大きく増やせる可能性は低いかもしれませんが、掛け金全額が所得控除されるという税制優遇のメリットは着実に得られます。

おすすめ

米国の代表的な株価指数である「S&P500」の値動きに連動するインデックスファンドです。S&P500とは、市場規模、流動性、業種などを総合的に考えて選ばれたニューヨーク証券取引所等に上場されている500銘柄をベースに指数化したものです。「アメリカの株式市場全体に投資したい」という人におすすめのファンドです。

信託報酬が年率0.0968%と安い上に、純資産総額もここ1年間で約415億円(2020年1月31日時点)も増えています。

おすすめ

この商品1本で「国内債券」「先進国債券」「新興国債券」「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「国内リート(REIT/不動産投資信託)」「海外リート」の合計8資産に幅広く分散投資できることが、おすすめする一番の理由です。

しかも信託報酬は年率0.154%以内と低水準であり、純資産総額も直近1年間で約244億円(2020年1月31日時点)も順調に伸ばしています。

以上がおすすめの3商品です。いかがでしたでしょうか。マネックス証券のイデコの魅力、おわかりいただけましたか?

まなぶくんまなぶ
くん
先生のお話を聞いてみて、マネックス証券のイデコは、サポートが充実していて、低コスト商品も多くて、ロボアドバイザーによるサポートも受けられるんだということがよくわかったよ

先生小沢先生うん。その通りだね

まなぶくんまなぶ
くん
でもさ、ロボアドバイザーによる投資診断って、ボクでもできるのかな?

先生小沢先生大丈夫だよ! たった5つの質問に答えるだけだから。投資診断は、マネックス証券のイデコに申し込んでいなくてもできるので、まずは試してみたら?

まなぶくんまなぶ
くん
よ~し、じゃあ、今からやってみよ♪

この記事の3つのポイント

  1. マネックス証券のイデコの口座管理手数料は業界で最も安い
  2. マネックス証券のイデコ(iDeCo)専用コールセンターは平日夜間、土曜もつながって便利
  3. イデコ専用のロボアドバイザーが自分に合った運用プランを提案してくれて心強い

どこで口座開設したらよいの?

イデコの口座は一人一口座しか持てないため口座選びは重要ですが、多くの金融機関で取り扱っている中からどこを選べばよいか迷いますよね。 そこで、分かりやすい基準として、イデコ専門サイトNo1の「イデコナビ」で最もよく見られている金融機関ランキングをご紹介します。
集計期間:2019年11月01日〜2019年11月30日

  1. 1

    イオン銀行

    イオン銀行の特徴は?
    • イオンの店舗で、365日無料で相談が受けられる
    • 毎月かかる口座管理手数料が、だれでも無条件で最も安い
    • 預金金利のアップ、複数回振り込み手数料無料などの特典が受けられる
  2. 2

    SBI証券

    SBI証券の特徴は?
    • イデコナビで口座開設数No1
    • 毎月かかる口座管理手数料が、だれでも無条件で最も安い
    • 豊富な商品ラインナップ
  3. 3

    楽天証券

    楽天証券の特徴は?
    • イデコナビで口座開設数No2
    • 毎月かかる口座管理手数料が、だれでも無条件で最も安い
    • コールセンターで平日の夜間や土日に相談受付
この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (0)
  • 難しかった (0)

参考サイトでもっと情報をキャッチ!