【2020年】松井証券のイデコ(iDeCo)ポイント・評判は?

  • 最終更新日:2020.02.14
  • 公開日:2019.11.25

今回教えてくれる先生

小沢 美奈子 ファイナンシャルプランナー
小沢 美奈子
K&Bプランニング代表。大学卒業後、損害保険会社や独立系FP事務所等を経て独立。記事の執筆、セミナー講師、家計相談を行う。趣味はカメラ。

まなぶくんまなぶ
くん
ねぇ先生、この間インターネットでユニークなタイトルがついている証券会社のWebサイトを見つけたの!

先生小沢先生なになに? どんなタイトル?

まなぶくんまなぶ
くん
『不安はぜんぶ、松井にぶつけろ』っていうタイトルなの

先生小沢先生力強くて頼もしい感じがするわね

まなぶくんまなぶ
くん
そうだよね。で、どこかと思ってよく見たら、松井証券の特設サイトだったんだ。ちなみに松井証券ではイデコ(iDeCo)をやってるかな?

先生小沢先生うん、松井証券でもイデコ(iDeCo)はできるよ。じゃあ今回は、松井証券のイデコについてお話ししましょう

松井証券のイデコ(iDeCo)では、加入時に支払う手数料が業界最低額の2829円。さらに、毎月支払う口座管理手数料も月171円と、こちらも業界最低額です。

中には資産残高や掛け金の額など一定の条件をクリアすることで、最低額(月171円)の口座管理手数料を認める金融機関もありますが、松井証券の口座管理手数料の場合、だれでも無条件で最も安い額でイデコを利用できます

イデコ(iDeCo)をはじめたい!と思っても、そもそも自分にはイデコへの加入資格があるのか、はたまた加入できても、いくらまでお金を掛けられるのかがわからない人って、結構多いのです。そんなときに役立つのが「イデコシミュレーター」という松井証券のツールです。

「イデコシミュレーター」には、「加入診断」と「節税シミュレーション」の2つの機能があります。「加入診断」では、加入資格の有無や掛金の上限が確認でき、「節税シミュレーション」では、自分の収入や立場に合わせた節税額をシミュレーションしてくれます。

「イデコシミュレーター」でイデコに関する疑問を一気に解決しましょう!

松井証券は創業100年を超える歴史ある会社ですが、常に新しい挑戦を続けています。もともと顧客と営業職員との対面取引がメインだった松井証券が、証券業界でいち早くネット取引を導入し、普及させたことがそれを物語っています。

さらに、財務内容の健全性を高めて、システムの安定性やセキュリティ対策を追求している点も見逃せないポイントです。

そんな松井証券の評判って、実際のところどうなのでしょう? 利用者のリアルな声を聞いてみました。

私が独自に取材した松井証券の評判は以下のとおりです。

「資産の管理画面がシンプルで見やすい」(30代女性)

「特に手数料の低い商品を厳選している印象」(30代男性)

「商品が絞られているのとともに、選ぶのに迷わない選択肢を用意している」(40代女性)

「オリジナルの管理画面」の使いやすさや、商品ラインナップの良さについて、松井証券を評価して利用している人が多いように見受けられました。

「商品ラインナップの良さ」について利用者から評価を得ている松井証券のイデコ(iDeCo)ですが、具体的にどんな積立商品があるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

松井証券のイデコの商品は、全部で12本。そのうち元本確保型(定期預金)は1本で、投資信託が11本あります。

元本確保型商品
商品名 種類 年利
みずほDC定期預金1年定期
みずほ銀行
定期預金 0.01%
投資信託
ファンド名
運用会社
投資対象 純資産
総額
(円)
信託報酬
(年率・
税込)
三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
三菱UFJ国際投信
国内債券
インデックス
390億 0.132%
One DC国内株式インデックスファンド
アセットマネジメントOne
国内株式
インデックス
367億 0.154%
ひふみ年金
レオス・キャピタルワークス
国内株式
アクティブ
273億 0.836%
たわらノーロード 国内リート
アセットマネジメントOne
国内不動産投信
インデックス
94億 0.275%
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
三菱UFJ国際投信
外国債券
インデックス
78億 0.154%以内
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド
三菱UFJ国際投信
新興国債券
インデックス
105億 0.572%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
三菱UFJ国際投信
外国株式
インデックス
806億 0.10615%以内
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
三菱UFJ国際投信
新興国株式
インデックス
247億 0.20790%
たわらノーロード 先進国リート
アセットマネジメントOne
外国不動産投信
インデックス
70億 0.297%
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
三菱UFJ国際投信
バランス型
インデックス
451億 0.1540%以内
ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)
日興アセットマネジメント
コモディティ
アクティブ
34億 0.407%
  • ※純資産総額、信託報酬は2020年1月31日時点の数値。

「徹底的に低リスク・低コストにこだわった究極の商品ラインナップ」。これが私の松井証券のイデコ商品に対する感想です。

投資信託においては、11本中9本がインデックスファンドであり、投資信託を保有している間にかかる信託報酬が年率0.2%台(税込、以下同)以下と格安クラスの商品を取りそろえています。

中でも、外国株式を投資対象とした投資信託の中で、信託報酬が最安クラス(0.10615%以内)である「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」があるのは注目すべき点です。

この少数精鋭の品ぞろえなら、投資の初心者でも迷うことなく安心して商品選びができるでしょう。

もし1点、デメリットがあるとするなら、投資の初心者に向いているバランス型ファンドが「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の1本しかない点ではないでしょうか。

それでは松井証券のイデコ(iDeCo)の積立商品の中から、どれを選んで運用すればいいのでしょうか? 以下の「3つの基準」をもとに、おすすめの商品3本をピックアップしました。

  1. 「積み立てた資産は減らしたくない!損したくない!」
    そんなあなたは「定期預金」一択で!
  2. 「資産は増やしたいけどコストをかけたくない!」
    そんなあなたは「インデックスファンド」一択で!
  3. 「資産は増やしたいけどめんどくさいのはイヤ!」
    そんなあなたは「バランス型ファンド」一択で!

↓この「3つの基準」について詳しくは、こちらの記事をクリックしてご覧ください。

ここから、おすすめする3つの商品とその特徴・魅力を見ていきましょう。

おすすめ

現在超低金利の定期預金は、投資信託に比べて資産を増やせる見込みは低いかもしれませんが、たとえどんな商品を選んだとしても、掛け金の全額が所得控除されるという税制優遇が受けられます。

「資産を絶対に減らさず、確実に節税効果は得たい」という方は、定期預金を選ぶとよいでしょう。

おすすめ

この商品をおすすめする最大の理由は、信託報酬が年率0.10615%と激安な上に、日本を除く世界中の株式に分散投資できる仕組みのインデックスファンドだからです。

長期投資では、より高い成長性が期待できる外国の株式に幅広く投資している商品を選んだ方が、リターンを見込めると思い、この商品を選びました。

純資産総額もここ1年間で約486億円(2020年1月31日時点)も増えています。将来に期待できる商品だと思います。

おすすめ

「国内債券」「先進国債券」「新興国債券」「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「国内リート(REIT/不動産投資信託)」「海外リート」の8つもの資産への分散投資を可能にしているバランス型ファンドです。

また、信託報酬も年率0.154%以内と低水準で、純資産総額も直近1年間で約244億円(2020年1月31日時点)も増やしています。

「どの商品を選べばいいのか全然わからない……」という方は、まずは「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」1本だけを選択して運用するのもアリです。

以上、松井証券のイデコのおすすめ商品3本をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

まなぶくんまなぶ
くん
うんうん、松井証券のイデコは、とにかく『投資初心者に向いている商品だけを集めている』という感じがしたよ

先生小沢先生その通りね。わかりやすさにこだわったというだけあって、基本的にはどれも初心者には良い商品だと思うよ

まなぶくんまなぶ
くん
ボクも、お金の不安を、松井証券にぜんぶぶつけちゃおうかな?

↓その他にも様々な基準での金融機関の比較をしています。詳しくはこちらの記事をクリックしてご覧ください。

この記事の3つのポイント

  1. 口座管理手数料は月額171円。金融機関の中で最も低い
  2. 商品数は12本と少ないが、初心者に選びやすいラインアップになっている
  3. 松井証券は創業100年。その実績を生かして安心して取引できる環境を用意している

どこで口座開設したらよいの?

イデコの口座は一人一口座しか持てないため口座選びは重要ですが、多くの金融機関で取り扱っている中からどこを選べばよいか迷いますよね。 そこで、分かりやすい基準として、イデコ専門サイトNo1の「イデコナビ」で資料請求数が多い金融機関と独自のサービスがある金融機関をご紹介します。
集計期間:2020年05月01日〜2020年05月31日

  1. 1

    SBI証券

    SBI証券の特徴は?
    • 3カ月連続資料請求数No1
    • 口座管理手数料が、だれでも最安
    • 豊富な2つの商品ラインナップ
  2. 2

    楽天証券

    楽天証券の特徴は?
    • 3カ月連続資料請求数No2
    • 運営管理手数料が無条件で「0円」
    • 証券と年金の口座をまとめて管理
  3. 注目 の証券会社

    マネックス証券

    マネックス証券の特徴は?
    • 今なら最大10万円相当プレゼントキャンペーン中
    • 8年連続最高評価のサポート体制
    • 夜間や土対応可能なコールセンター完備!
この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (0)
  • 難しかった (0)

このページをシェアする

連載

  • コツコツ積立の魅力
  • 初心者向けおすすめ本

参考サイト
もっと情報をキャッチ!