投資信託(ファンド)をもっと知りたい!

投資信託(ファンド)とは、ざっくり説明すると、「投資家から集めたお金をプロが投資・運用する金融商品」です。お金の投資・運用といった難しくて面倒なことは「ファンドマネジャー」というその道のプロがやってくれるので、投資家がすることといえば、どの投資信託にするか選ぶだけ。投資の初心者にぴったりな商品といえます。

「投資信託に興味がある」「投資信託を始めたい」という方に向けて、投資信託の特徴やメリット・デメリットから、金融機関や銘柄の選び方など投資信託の始め方まで、これだけは知っておきたい投資信託の重要ポイントをわかりやすく解説します。

このカテゴリーを教えてくれる先生

投資信託のメリット・デメリットを学ぶ

投資信託に興味がある方は、まずは「投資信託のメリット・デメリット」を押さえておきましょう。預金と投資信託は何が違う?投資信託の仕組みは?など、初心者が知っておきたい基本知識をわかりやすく解説します。

投資信託の始め方を学ぶ

投資信託の特徴・魅力が理解できたら、まずは物は試し、投資信託を選んで買ってみましょう!金融機関や銘柄の選び方から、編集部がおすすめする金融機関&銘柄まで、投資信託を始めるにあたって知っておきたい大事な情報をわかりやすくご紹介します。

どこで口座開設したらよいの?

投資信託を購入する際、数ある金融機関の中から、どこを選べばよいか迷いますよね。 そこで、分かりやすい基準として、当サイトで解説している証券会社紹介の中で閲覧数が多い会社と、独自のサービスやキャンペーンがあるおすすめ金融機関をご紹介します。
集計期間:2020年11月01日〜2020年11月30日

  1. アクセス数No.1

    楽天証券
    • つみたてNISA取扱銘柄数が170本と業界最多!
    • 楽天スーパーポイントが貯まる
    • 毎月100円から積み立てができる
  2. アクセス数No.2

    SBI証券
    • つみたてNISAナビで圧倒的No1の口座開設数!
    • つみたてNISA対象銘柄、169本と豊富なラインナップ
    • Tポイントが貯まる・使える
  3. 創業100年の安心感

    松井証券
    • 銘柄数150本以上、全て100円から積立可能!
    • 10年連続最高評価のサポート体制
    • 株主優待名人の桐谷さんが30年も愛用している歴史ある証券会社
  4. No1にも劣らない

    auカブコム証券
    • 銘柄数150本以上、全て100円から購入可能!
    • 他のお取引手数料が優遇される「NISA割」特典
    • 郵送不要「オンラインで完結」
  5. 銀行独自の強み

    イオン銀行
    • 365日店舗でいつでも無料相談が可能。
    • 他行への入金や振込手数料「無料」など銀行独自の特典あり!※条件あり
    • 独自スコアによって普通預金の金利が優遇!

参考サイト
もっと情報をキャッチ!