FPからのメッセージ」
コンクール

お金のプロフェッショナルとして活躍するFP(ファイナンシャルプランナー)が、投資教育の担い手として、一般の方々や社会に対し、幅広くメッセージを伝える場を作りたい――。一般社団法人金融資産リサーチ研究所は「FPからのメッセージ」コンクールを開催します。

最優秀作品賞に選ばれた方には、現金20万円を贈呈いたします。お金にまつわるさまざまな課題や解決策など、FPとして熱い思い・考えが伝わってくる文章をお待ちしています。

本コンクールを通じ、多くのFPの方々のメッセージを広めていくことで、FPのさらなる社会的知名度・認知度の向上に貢献してまいりたいと考えております。

募集要項

応募資格

日本在住のFP資格を有する方
【資格名:CFP・AFP・1級FP技能士・2級FP技能士・3級FP技能士】

金融系組織所属FP部門
金融機関・保険代理店・IFA法人等の金融系組織に所属されている方

最優秀作品賞(1名):現金20万円

独立系FP部門
個人でFP事務所を運営している方やFP法人に所属されている方など、上記以外の方

最優秀作品賞(1名):現金20万円

所得税法第204条第1項第8号の賞金に該当するため、源泉所得税を差し引いた金額でお支払いいたします。

  • 受賞作品は、弊研究所運営のマネーメディアサイト「Finasee(フィナシー)」に記事として掲載させていただきます。
  • 惜しくも上記の賞から漏れた応募作品の中でも、読者にお読みいただくに値すると弊研究所が評価した作品については、Finaseeの記事として掲載させていただきます(その際は、些少ながら謝礼をお支払いいたします)。

募集内容

下記テーマからご選択の上、ご応募ください。
応募上限は1テーマ当たり1本、最大3本のご応募が可能です。

金融系組織所属FP部門

A1:退職準備層に提案したい資産運用と適切な金融商品とは
もうすぐ定年退職を迎える顧客(50代半ばから60代前半まで)に向けて、どのような資産運用・金融商品をアドバイスすべきかを論じてください。
A2:資産形成・管理の観点から考える「保険販売のあるべき姿」とは
かんぽ生命による保険商品の不正販売のニュースが話題となる中、保障だけでなく資産形成等の観点から見る「保険販売のあるべき姿」について、考えを論じてください。
A3:自由課題(                )
金融系組織に所属するFPとして主張したいテーマについて、取り上げる課題・問題点・解決策などご自身で設定し、論じてください。

独立系FP部門

B1:FPの視座から考える「老後資金2000万円問題」
2019年のトピックテーマとなった「老後資金2000万円問題」。FPとして考える問題提起と問題解決のための提案について論じてください。
B2:独立系FPだからこそ伝えたい「FPの真の活用法」
FPのより幅広い層への活用促進に向け、家計相談や保険アドバイスといった一般的な活用法以外の、知られていない活用法や、新しい活用法について提案してください。
B3:自由課題(                )
組織に所属しない独立系のFPとして主張したいテーマについて、取り上げる課題・問題点・解決策などご自身で設定し、論じてください。

当コンクールにて求める作品の条件

  1. 1 募集テーマの中で、何を取り上げるのかを明確化して解説すること
  2. 2 調査・統計数値など、客観データを用いて論じること。また、その出所を示すこと
  3. 3 読者に対し、具体的なアドバイス・解決策を提示すること
  4. 4 未発表の、日本語のオリジナル作品であること

データの出所については、①エビデンス(出所元)となる資料のタイトル・エビデンス記載箇所(ページ番号)②URL(書籍等の場合は掲載誌タイトル・発行号等、資料の特定ができる情報)の2点を該当データごとに明記する。本文中に注釈番号を打ち、各注釈番号に対応する①~②は文末にまとめて記載すること

審査員

金融に関わる各分野で活躍される、3名の審査員により審査いたします。

齋藤 利枝子氏

齋藤 利枝子氏

プルーム・ヒューマン・エデュケーション取締役社長

1985年山一證券入社。支店投資相談課で個人営業を担当し、社内および系列証券会社の女性営業員の研修講師として指導にあたる。1998年三菱信託銀行(当時)入社。投信窓販解禁の準備に携わり、各種投資商品の販売に関する研修や女性投資家向けの講演会の講師なども担当。その後、金融コンサル会社などを経て現職。

山中 伸枝氏

山中 伸枝氏

確定拠出年金相談ねっと代表

心とお財布を幸せにする専門家 ファイナンシャルプランナー(CFP®) 米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業。「楽しい・分かりやすい・やる気になる」講演、ライフプラン相談、執筆など多数。

齋藤 順子氏

齋藤 順子氏

特定非営利活動法人
確定拠出年金教育協会 代表

立教大学文学部卒業。日本における確定拠出年金(DC)制度のスタートをきっかけに2002年に当協会を設立。以来、DC企業担当者を対象とした情報提供やセミナー開催、調査、表彰などを積極的に行う。個人型DCでは愛称iDeCoを決定する際の事務局を担った。現在iDeCoを様々な角度から比較検討できるiDeCoナビを提供。月間15万人が訪れている。

執筆要項

  • タイトル 30文字以内
  • リード 80~120文字程度
  • 本文 2000~2500文字程度
  • 小見出し 30文字以内 1記事内3~4本程度

提出形式

応募フォームに入力
事前にテキストエディターにて作成のうえ、コピー&ペーストしてください。
出所情報についても、文末に必ず記載願います。

応募方法

応募フォームにて、必要事項をご記入の上、作品をご提出ください。

締切

2020年3月31日(火) 24:00 応募フォーム送信完了

結果発表

当選者には、ご登録いただいた連絡先に2020年5月中旬を目処でご連絡いたします。

参加費

不要

応募に際する必要事項

  • 氏名…本名と別にFPとして使用している名義がある場合、そちらをご記載ください
  • ペンネーム…氏名の開示に支障がある場合、ペンネームでのご応募もいただけます。希望される場合はご記載ください(匿名での応募は不可となります)
  • メールアドレス…所属先・ご自宅のどちらでも結構です
  • 電話番号…所属先・ご自宅のどちらでも結構です
  • 住所…所属先・ご自宅のどちらでも結構です
  • 所属先・運営組織名…作品掲載の際には公開いたしません
  • 所有FP資格
  • 所有FP資格の登録番号
  • プロフィール…所属先組織(開示可能な範囲で結構です)や主立った活動、特色などを100文字以内で記載

注意事項

  • ご応募は日本国内にお住まいのFPの方に限らせていただきます。
  • 入賞のご連絡より7日以内にご返信いただけなかった場合、入賞取消となりますのでご注意ください。
  • 賞金の発送は、発送準備が整いしだい発送いたします(2020年6月下旬予定)。
  • 審査に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。
  • 入賞者の住所、転居先不明・長期不在などにより賞金をお届けできない場合には、入賞を無効とさせていただきます。
  • 入賞で獲得された権利は、他の人に譲渡することはできません。
  • 作品をご応募いただいた時点で、上記の内容にすべて同意されたものとします。