つみたて(積立)NISAをもっと知りたい!

つみたて(積立)NISAとは、少額のお金で金融商品(投資信託)に積立投資をして、その投資で得られた利益にかかる税金を非課税にできるお得な制度です。毎年の非課税投資額が40万円までとなっていますが、非課税期間が20年間と長期にわたるのが、つみたてNISAの最大の魅力。住宅購入の頭金や教育資金などを長期で貯めたいケースに向いています。

「つみたてNISAに興味がある」「これからつみたてNISAを始めたい」という方に向けて、つみたてNISAの特徴やメリット・デメリットから、つみたてNISAの始め方、金融機関や投資信託の選び方まで、押さえておきたい注目ポイントをわかりやすく解説します。

このカテゴリーを教えてくれる先生

つみたて(積立)NISAのメリット・デメリット&始め方を学ぶ

つみたて(積立)NISAに興味がある方は、つみたてNISAの特徴やメリット・デメリットを押さえておきましょう。預金やイデコ(iDeCo)と何が違う?一般NISAやジュニアNISAとの違いは?知っておきたい基本知識をわかりやすく解説します。

つみたて(積立)NISAの始め方&口座・銘柄の選び方を学ぶ

つみたて(積立)NISAのことが理解できたら、早速始めましょう!金融機関や投資信託の選び方から、編集部が注目する金融機関口座のおすすめポイントまで、「つみたてNISAの始め方と口座・銘柄の選び方」について、わかりやすく丁寧に解説します。

どこで口座開設したらよいの?

いざ始めよう!と思っても数ある金融機関の中から、どこを選べばよいか迷いますよね。 そこで、分かりやすい基準として、中立的なつみたてNISA専門サイト「つみたてNISAナビ」で圧倒的に口座開設されている会社と、独自のサービスがある金融機関をご紹介します。
集計期間:2020年04月01日〜2020年04月30日

  1. 圧倒的No.1

    SBI証券

    SBI証券の特徴は?
    • つみたてNISAナビで圧倒的No1の口座開設数!
    • つみたてNISA対象銘柄のほとんどを取扱っており業界最多の品揃え
    • 投資信託保有金額に応じて、Tポイントが貯まる!使える!
  2. No1にも劣らない

    auカブコム証券

    auカブコム証券の特徴は?
    • つみたてNISAに限らず、全投資信託の購入手数料完全撤廃!
    • 独自ポイント有、更にじぶん銀行と併用で普通預金金利が10倍に!
    • 取扱銘柄数も他の証券会社に劣らない150本以上、その全てが100円から購入可能
  3. 独自の手数料還元

    松井証券

    松井証券の特徴は?
    • 日本初!日々かかる手数料を毎月現金で還元!
    • 他社から乗り換えなら、松井証券が手数料負担
    • 取扱銘柄数も他の証券会社に劣らない150本以上、その全てが100円から購入可能

参考サイトでもっと情報をキャッチ!