【2021年11月版】auカブコム証券のつみたてNISA(積立NISA)、おすすめ銘柄や評判は?

  • 最終更新日:2021.11.05
  • 公開日:2019.11.26
auカブコム証券
著者:鈴木 さや子 ファイナンシャルプランナー

2019年12月に、カブドットコム証券が携帯電話会社のKDDIと提携して『auカブコム証券』という社名に変わったのはご存知でしょうか?
今回は、auカブコム証券のつみたてNISA(積立NISA)の魅力やおすすめ銘柄をご紹介します!

auカブコム証券(旧カブドットコム証券)のつみたてNISA取扱銘柄は161本(2021年11月4日時点)。150本以上の銘柄を取り扱っているのはauカブコム証券を含めて6社のみ。そのバリエーション豊富な商品ラインアップはauカブコム証券ならではの大きな魅力です。

また、月々100円以上1円単位で積立投資の設定が可能で、積立日は自分の好きな日をチョイスできます

さらに年2回まで積立額を1円以上1円単位で増額できますので、たとえば、金額的に余裕があるボーナス支給月のタイミングで積立額を多めに設定するといったこともできますよ。

auカブコム証券には、「FUND DRESS(ファンドドレス)」というユニークなツールがあります。これは表示された色のドレスを直感的に選ぶことで、自分に合ったつみたてNISA対象の投資信託を見つけることができるというものです。

「そんなものが当たるの?」と疑問に思うかもしれませんが、色彩心理学の観点から、色にはそれぞれ意味があり、色の配列や幅等などによって、その人が望んでいるものが導き出すことができるといいます。

FUND DRESSで好きなドレスを選ぶと、選んだ人のカラー別の色彩感情を解説してくれるとともに、おすすめの投資信託が表示されますので、自分の投資に対する心理もチェックすることができますよ。

楽しみながら投資信託を選べるFUND DRESSは大変興味深いツールといえます。

auカブコム証券が提供している「つみたてNISA(積立NISA)かんたんシミュレーション」は、とても操作性が高く便利なツールです。

試しに使ってみましたが、私がこのシミュレーション機能を格付けするなら、以下のとおりです。

機能性:★★★☆☆

難易度:★★☆☆☆

さくっと感:★★★★

シミュレーションできる毎月の積立額は、5000円・1万円・2万円・3万円と4つから選び、5年・10年・20年の3つの積立期間から選んで、「試算する」ボタンをクリック。一瞬でシミュレーション結果を確認できます。

シミュレーション結果では、年率7%を想定した「積極プラン」、年利5%を想定した「バランスプラン」、年率3%を想定した「堅実プラン」をワンクリックでチェックできます。

つみたてNISAでいくら増えるのか、利益や非課税額はいくらかが、数字とグラフでわかるようになっており、イメージしやすい画面構成になっています。

これまでauカブコム証券のつみたてNISAのおすすめポイントをご紹介してきました。では実際のところ、auカブコム証券の評判ってどうなのか、気になりませんか? そこで利用者からの生の声を聞いてみました。

まずはネットリサーチによるアンケート調査によると、こんな回答が寄せられました。

  • ※当社にてネットリサーチを用い、無作為に全国1000人を対象に調査(2019年6月)

私が取材して聞いた利用者からは、

「三菱のファンなので利用している」
「HPがすっきりしていて見やすい(背後が白くてよい)」
「ロイターのマーケットリポートが動画で見られるので便利」

と、全般的には信頼性、Webサイトの見やすさ、便利さについて好意的な意見が多く寄せられました。

auカブコム証券のつみたてNISA取扱銘柄は150本以上もあります。さっきお話ししたツール「FUND DRESS(ファンドドレス)」を使って銘柄を選ぶという方法もありますが、この中からどうやって銘柄を選べばよいのか、正直迷うところでしょう。

そこで以下の「2つの基準」を設けて、その基準に合った銘柄を絞り込んで選んでみました。

1
「分散」に勝るものなし! 「世界中の資産に分散投資したファンド」を選ぼう
2
勝率が高いのはコチラ! 「インデックスファンド」を選ぼう

↓つみたてNISAの銘柄の選び方や「2つの基準」の内容について、詳しくはこちらの記事をクリックしてご覧ください。

合わせてこちらもチェック!

この「2つの基準」に合った銘柄の中から、投資信託で運用している間にかかる信託報酬(運用管理費用)という手数料が安い上位10銘柄を下の表にまとめてみました。

全世界に投資するインデックスファンドのうち手数料が安い商品TOP10(2021年11月)
順位ファンド名
運用会社
信託報酬
(年率・
税込)
純資産
総額
1位SBI・全世界株式インデックス・ファンド
(愛称:雪だるま(全世界株式))
SBIアセットマネジメント
0.0682%404.62
億円
2位eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
三菱UFJ国際投信
0.1144%3,255.35
億円
3位eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
三菱UFJ国際投信
0.1144%44.36
億円
4<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット) 
ニッセイアセットマネジメント
0.1144%7.50
億円
5楽天・全世界株式インデックス・ファンド
楽天投信投資顧問
0.132%1,349.23
億円
6たわらノーロード 全世界株式
アセットマネジメントOne
0.132%10.90
億円
7eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
三菱UFJ国際投信
0.154%1,209.33
億円
8たわらノーロード バランス(8資産均等型)
アセットマネジメントOne
0.154%247.13
億円
9Smart-i 8資産バランス 安定型
りそなアセットマネジメント
0.176%33.45
億円
10Smart-i 8資産バランス 安定成長型 
りそなアセットマネジメント
0.198%44.79
億円
  • ※ランキング対象商品は金融庁ホームページ記載の資料より抜粋し「世界に分散しているファンド(日本、新興国含む)」であること、「インデックスファンドであること」を前提としている
  • ※信託報酬、純資産総額は2021年11月2日時点の数値。信託報酬の金額が同じ場合、純資産総額が大きいファンドを上位にしている
  • ※データ提供元:投資信託評価機関 株式会社モバイルサポート「見つかる!投資信託!シャプレ

この10銘柄から私がおすすめしたい3つの銘柄とその理由についてご紹介しようと思います!

FP鈴木さや子先生がおすすめする「つみたてNISA銘柄」

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

おすすめ

「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「国内債券」「先進国債券」「新興国債券」「国内REIT(リード/不動産投資信託)」「先進国REIT」の8つの資産に、12.5%ずつ均等に投資するファンドです。値動きの違う株式、債券、不動産が組み込まれるため、株式のみで運用するファンドより価格変動のリスクを抑えられます。

信託報酬が年率0.154%(税込/以下同)と、株式・債券以外の資産も組み込まれるバランス型ファンドとしては業界最安水準であることと、純資産残高が1,209億円(2021年11月2日時点)と順調に増えていることが、おすすめの理由です。値下がりリスクを抑えながら、手軽に全世界のいろいろな資産に投資したい方に向いています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

おすすめ

日本を含む先進国と新興国の株式(大型株・中型株)で構成される「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」という株価指数の値動きに連動することを目指すファンドです。この株価指数は、47カ国の株式で構成されており、先進国(日本を含む)が全体の88.3%、新興国が11.7%の割合となっているのが特徴です。

信託報酬は年率0.1144%と、全世界の株式に投資できるファンドの中では最安水準です。コストを抑えて1本で全世界の株式にて運用したい人に向いています。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))

おすすめ

日本を含む先進国と新興国の株式(大型株・中型株・小型株)で構成される「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」という株価指数の値動きに連動することを目指すファンドです。この株価指標は、小型株も対象となっており、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしているため、「とにかく全世界の株式もれなく投資したい」という方に向いています。

信託報酬が年率0.0682%(実質負担0.1102%程度)と、全世界の株式に投資できるファンドとして最安値であることもおすすめしたい大きな理由です。

取扱銘柄が豊富で、「FUND DRESS(ファンドドレス)」など投資に親しみやすいツールが用意されているauカブコム証券。こういった魅力を活かして、つみたてNISAを始めてみるのもアリですよ!

この記事の3つのポイント

  1. 取扱銘柄161本と商品ラインアップが豊富月々100円から積立可能
  2. 色彩心理学を使った投資信託選びができる「FUND DRESS(ファンドドレス)」が面白い
  3. 一瞬で節税効果がわかる、つみたてNISAのシミュレーション機能が使いやすくて便利!

この記事の著者

鈴木 さや子 ファイナンシャルプランナー
鈴木 さや子
ライフヴェーラ代表。大学卒業後、損害保険会社を経て独立。セミナー・研修講師、執筆などにて生活に役立つお金の情報を発信。CFP©、DCプランナー1級。

どこで口座開設したらよいの?

いざつみたてNISAを始めよう!と思っても、数ある金融機関の中からどこを選べばよいか迷いますよね。そこで、多くの人に支持されている3つの金融機関を、独自のサービスやおすすめ情報と併せてご紹介します。

  1. 口座開設数 1位

    SBI証券
    • 11ヶ月連続、口座開設数No.1!
    • 三井住友カードを使うとVポイントのお得な「二重取り」が可能
    • 100円から積み立てできる!頻度は毎月/毎週/毎日から自由に選べる
  2. 初心者に優しい証券会社

    松井証券
    • 三ツ星評価のサポートで解決!日中忙しい人に嬉しい24H対応サービスも
    • 投資信託を預けるだけで毎月現金を還元!
    • 今なら総額1億円プレゼントキャンペーン実施中
  3. 楽天ユーザーにおすすめ

    楽天証券
    • 楽天ポイントが貯まる!楽天カードを使うとお得な「二重取り」も
    • 取り扱い銘柄数約177本!業界トップのラインナップ
    • 100円から積み立てができる
この記事は役に立ちましたか?
  • よく分かった (38)
  • 難しかった (9)

このページをシェアする

  • Lineにシェア
  • はてなブックマークにシェア

連載

  • コツコツ積立の魅力
  • 初心者向けおすすめ本

参考サイト
もっと情報をキャッチ!